質の良いアスファルト舗装は業者選びが肝になる

アスファルト舗装

道を走る車

工事の工程

舗装された道路はわたしたちの生活に欠かせないものですが、舗装工事の方法を詳しく理解している方はどれくらいいるでしょうか。舗装工事は、アスファルトを道路に敷いてならしていくだけではなく、さまざまな工程があります。まず、最初に舗装工事で行われるのは、道路の一番下の土台となる路床を作る工事です。路床作りは非常に重要でしっかりとした路床を作っていないと、アスファルトで舗装した道路が粗悪で軟弱なものになってしまいます。一般的にブルドーザーやモーターグレーダーを使用して地面を平らにならし、その後ローラーで圧力をくわえて締め固めていきます。路床工事が終わると次は路盤工事です。路盤は下層路盤と上層路盤2層があり、下層路盤にはクッシャラン、上層基盤には粒度調整砕石を砕石工場から運び込み敷き詰めて締め固めをしていきます。路盤はアスファルトと路床の間に位置し、アスファルトを支える働きをするものなのでしっかりと締め固めをしなければいけません。続いて、締固めの終わった路盤にアスファルト乳化剤を散布していくプライムコートの工程です。これは、路盤が破損したり、雨水により路盤が削られるのを防止するために必要なことです。雨の浸透や毛管水の上昇も防ぎ、アスファルトとも接着をよくするためでもあります。そして、アスファルトフィニッシャーでアスファルトを敷設しながらならしていきます。アスファルトの敷きならしがすむとアスファルトの締め固め作業です。ローラーで転圧をかけ、ローラーで転圧をかけてアスファルトを締め固めます。さらに、タックコートでアスファルト乳化剤を散布し、散布後は表層のアスファルトを再び敷きならしていき、最後にローラーで圧力をかけて締め固めて舗装工事は完了となります。